ゲームと著作権

最初に断っておきますが、私は専門家ではありません。
著作権や法律に関してはここに書いてある事は鵜呑みにせず、然るべき機関にご相談するのが一番だと思います。
ここに書かれている事は、このような考えの下、ゲームを制作しても問題ないと判断した『ゲーム制作日記』です。
実際には間違っている可能性もある事を、まずご理解ください。


マインスイーパー この先、魔王の城を制作する少し前、実はロジックパズルを制作しようとしていました。
しかし、不意にマインスイーパーを題材にしたゲームのアイデアと、ロジックパズルの問題を制作するのに莫大な時間がかかるのに気が付いた事で先にマインスイーパー この先、魔王の城を制作する事を決めました。
その際、気になったのが『著作権的に制作、公開しても大丈夫なのか?』でした。
知らずにうっかりクローンゲームなんて公開してしまったら、大変な事になってしまいます。
しかし、有名なゲーム、「テトリス」や、「マインスイーパー」、「ロジックパズル」等、アプリストアには多様なメーカーがそれぞれのゲームにインスパイアされたゲームを制作、公開しています。
ストアを見た感じだと、『結構、制作してるメーカーも多いし大丈夫じゃね?』とも思いましたが、念の為、どこまでがセーフで、どこからがアウトなのか調べて見ました。

・ゲームのアイデア自体は著作権を主張し難い。
まず最初に上記の理由から、似通ったタイプのゲームを著作権に触れずに制作する事は不可能ではありません。
アプリストア等に同種のゲームが並んでいるのはこの為です。
勿論、全く同じゲームは存在しませんし、厳しいルールに従う必要があります。

・画面の構成が類似しているか?
絵素材自体に著作権が付いているので、それに準じた著作権が発生します。
絵の著作権の侵害にはトレース等も含まれ、構図やポーズが似ているとトラブルの原因になったりします。
普通に自力で素材を制作したり、フリー素材を使用する分には、概ね大丈夫と思って良さそうです。
しかし、画面レイアウトがあまりにも似ていたりすると、問題がある場合も・・・。

・上記と同様の理由で楽曲に問題が無いか?
音素材も絵素材と同様に著作権が付いているので、それに準じた著作権が発生します。
他者の著作物を無許可で使用したりは、以ての外です。
こちらも絵素材同様、普通に自力で素材を制作したり、フリー素材を使用する分には、概ね大丈夫と思って良さそうです。

・同じく上記と同様の理由でプログラムに問題が無いか?
プログラムの文章もやはり著作権があります。(ゲーム黎明期には認められていませんでしたが・・・。)
10人の人が同じゲームをプログラミングしても、同じプログラムにはなりません。
(尤も、突き詰めて行けば部分部分は全く同じになったりするそうですが・・・。)
なので同じプログラムになるのは、不自然な為です。


と、このような感じで、ゲームを作る度、調べてきました。
上記の規則を厳守し、オリジナルの画像、オリジナルの音楽、オリジナルのプログラムで既存のゲームを作ったとしても、訴えられるケースもありえます。
しかしだからと言って、気を配らずにゲームを作るのではなく、極力、着工前に問題点を洗い出して置くべきだなと改めて感じました。

スポンサーリンク
ブログ-レクタングル-大

ブログ-レクタングル-大