ゲーム制作の素材編集 (動画ソフト編)

今回はアプリストアに動画を掲載したくて、あれこれ調べた時の副産物です。
使っていないソフトもあるかも。
基本的に全てフリーソフトで全て編集しました。


AZ スクリーン レコーダー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hecorat.screenrecorder.free&hl=ja
アンドロイド端末の画面を録画するアプリ。
使って見たら端末のマイクがオンになっていて、入力の際のガチャガチャ音まで入ってしまいました。
オフにする設定もあるとは思いますが、残念ながら私には解りませんでした。
実況動画とかに大変便利そうですね。
今回はこちらのアプリでキャプチャーした動画を編集し、ストア用の動画を制作しました。

hugflash
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/milbesos/top.shtml
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/milbesos/apldl.shtml
動画を音声、動画、画像等に分解、抽出してくれるありがたいソフト。
動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKなのも良いです。
カハマルカの瞳は、昔からある有名なWindows用キャプチャーソフト。
残念ながらWin7の64bitに対応していなかったので、今回は使用できませんでした。
こちらのソフトでガチャガチャ音の入った動画を分解して、無音状態の動画を抽出しました。
後の肯定で抽出した動画を音声ファイルと結合させます。

えこでこツール
https://ja.osdn.net/projects/ecodecotool/
wav、mp3、ogg等に変換するソフトです。
UNITYに使用する音声データもこちらのソフトで変換していました。
wavファイルだとデータが大きいので小さくしたり、mp3だとライセンス絡みの問題があったりするので用途に合った形式で変換をします。

Yamb
http://yamb.unite-video.com/download.html
MP4形式の動画ファイルの、分解や結合ができるソフトです。
こちらのソフトで上記の動画ファイルと音声ファイルを結合させました。
纏めたいファイルをドラッグ&ドロップする感じで、直感的に編集できます。

XMediaRecode
http://www.xmedia-recode.de/
動画変換ソフト。様々な形式の動画に変換できます。
今回は主に動画の解像度を落とし、ファイルサイズを減らすのが狙いです。
動画のアップロード先に応じた形式に変換すると良いでしょう。

Video Container Changer
https://phperera.wordpress.com/
https://phperera.wordpress.com/2013/03/06/video-container-changer-lossless-avi-conversion/
色々な形式に動画のコンテナを変換するソフト。
動画のアップロード先に応じた形式に変換すると良いでしょう。

Online Video Cutter
http://online-video-cutter.com/ja/
アップルのストアは掲載できる動画の尺は30秒と決まっています。
こちらは制作した動画の不要部分の削除に特化した、オンラインサービスです。


と、これらのフリーソフト群を使用し、ストア用の動画素材を制作いたしました。
動画を編集する機会など中々無いもので、思ったよりも時間が掛かってしまいました。

今回このような不可思議な工程で動画を制作しましたが、キチンとキャプチャーソフトをの勉強をしていたら、多分1工程で作業が終わっていたんだろうなと思いました。

動画作るのって難しいですね。YouTuberの方々ってすごいな・・・。

スポンサーリンク
ブログ-レクタングル-大

ブログ-レクタングル-大