UNITY再インストールしてみた。

OSの再インストールをしたので、UNITY関連の再インストールをしました。
母艦はWindows7使用。
極論を言えば、Android版iOS版を制作しないのならば、UNITYをインストールした時点で使用可能。(だと思う)
JDKやAndroidSDKのインストールがメインとなります。
今回はその覚え書き。


・UNITY本体のインストール時の注意点
WindowsでもiOS Build Supportのチェックは忘れずにしたほうがいいです。
広告等使用してたらエラーを吐かれる可能性があります。
Android Build Supportはもちろんチェック。
後は必要に応じてチェックしときましょう。

・JDKのインストール
今回使用したのはjdk-8u151-windows-x64.exeでした。
JDK7をずっと使用してましたが、非対応になっていました。
一昔前は32bit版でないと動作しないとか色々あった気がする。
注意点は特に無いと思います。

・android-sdkのインストール
Android-SDKをc:に解凍。
SDK Manager.exeを起動。
なんか、新しいSDKを使ったらエラーが出たりしてあせったりしました。
Android_SDK_tools_r25辺りを使ったら何とか動きました。駄目だったらごめんなさい。
SDK Manager.exeの使い方は直感で何とかなると思います。
JDK7の時はSDK Managerが動かなくて、C:\Windows\System32\java.exeを一旦リネームし、SDK Manager.exeを起動させたりしました。
母艦にインストールするSDKは、最新のバージョンと、Tools、Extras辺りをダウンロードしています。
大は小を兼ねるの精神で、多めにインストールしても問題無いと思います。

・テキストエディターを変更
必ずしも必要ではない工程ですが、私の母艦ではMONOは重すぎるので。
Edit>preferences…で決定。
出てきたウインドー、External ToolsのExternal Script Editor
から変更可能。

・UNITYにJAVAとAndroid SDKのパスを登録
先ほどテキストエディターを変更したEdit>preferences…を開く。
出てきたウインドー、External ToolsのExternal Script Editor
から変更可能。
SDKとJAVAそれぞれの位置を登録してください。
NDKは必要なら記入してください。
JAVA_HOMEの設定等は必要なさそうです。


以上で流しプレイ気味ですが、UNITYの再インストールは完了いたしました。
プロジェクトをビルドして、無事にAPKを吐き出せば問題ないでしょう。

スポンサーリンク
ブログ-レクタングル-大

ブログ-レクタングル-大